ローリー・ロドキン”蓮の花”ジュエリー、繊細な透かしデザインのブレスレットや揺れピアス

ロサンゼルスのジュエリーブランド「ローリー・ロドキン(Loree Rodkin)」から、”蓮の花”をモチーフとした新作コレクションが登場。2019年4月20日(土)より発売される。

“蓮の花”をモチーフとした新作ジュエリーは、これまでの「ローリー・ロドキン」のアイテムと比べて、繊細なディテールが特徴。18Kイエローゴールドや18Kホワイトゴールドにダイヤモンドをあしらったジュエリーはすべてが透かしデザインとなっており、ラグジュアリーかつフェミニンなムードが漂っている。

展開されるアイテムは、チャームやチェーン、ブレスレット、リング、揺れピアスなど。チャームとチェーンは組み合わせることでネックレスとして着用でき、”蓮の花”モチーフ同士を掛け合わせて繊細な表情を堪能するのも良し、ブランドのアイコニックな”ゴシッククロス”ペンダントトップと合わせてミックススタイルを楽しむのも良し。自分好みのコーディネートを見つけてみては。

from https://www.fashion-press.net/news/49150

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です